MISSION

今のニッチを、未来のスタンダードに。

事業検証を自社で行い、ファウンダーに対して事業開発に必要な機能の提供スタートアップスタジオ機能と、開発した事業の周辺領域においてサーチファンドを行う事業投資法人です。

PORTFOLIO

ブロックチェーン

クレジットサービス

サービスの詳細はまだ公表しておりません。
採用やサービスに関する各種質問などのお問い合わせはこちら

製造業

製造業マーケットプレイス

サービスの詳細はまだ公表しておりません。

採用やサービスに関する各種質問などのお問い合わせはこちら

ヘルスケア

ヘルスケアサービス

サービスの詳細はまだ公表しておりません。

採用やサービスに関する各種質問などのお問い合わせはこちら

COMPANY

会社名ファウンダーズ株式会社 FounderZ Pte.Ltd.
本社〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2-10-12 新大宗ビル3号館7F
資本金1億円
代表取締役一岡 亮大

2010年三井住友銀行入行。2011年株式会社MUGENUPを創業、代表取締役社長に就任。
2015年ファウンダーズ株式会社(旧アンドディー株式会社)を設立、代表取締役社長就任。
起業工学


view on google map

JOB

ファウンダー部門

「シード専門の事業開発職」

2ヶ月間をワンサイクルとする、アメリカのY Combinatorの事業開発プロセスを踏襲したプログラムを通じて、ゼロから事業開発を進め、法人として独立させることを目標としています。「打席に多く立って、当てに行く」をモットーに、2ヶ月ワンサイクルのシードプロダクトのリリースを行ます。

事業構想初日にモックを作り、一週間で最低限の機能でリリース、その後週次で7%伸ばすため、ABテストを行い、2ヶ月目最後に継続か中止かを決めます。

継続の場合は事業部化し、投資を行います。
中止の場合は、また、2ヶ月のサイクルに戻ります。

一般的なベンチャーの新規事業開発は、3ヶ月開発3ヶ月モニタリングと言うサイクルですが、これでは1年間に2打席しか立てず、多くの経験を積むことができません。このサイクルはきついですが、1年間で6打席立てるため、経験量で3倍積み上げることができます。 詳細をお聞きになりたい方は、お問い合わせフォームから受付けております。ご面談希望の日程をお送りください。
採用に関するお問い合わせ

スタートアップスタジオ部門

「事業開発を複数行える」

現在、複数の事業を走らせる体制を構築しています。シードを超えた事業の事業管理・事業推進・周辺事業の買収によるバリューアップを行います。

こちらの働き方を選ばれる方のメリットは、
①研究先行の新しい技術をサービスで適応させることができる。
②様々なテーマの事業立ち上げ、数字を横断して見る経験ができる。

詳細をお聞きになりたい方は、お問い合わせフォームから受付けております。ご面談希望の日程をお送りください。
採用に関するお問い合わせ

ファンド部門

「買収先のCEOとなり、企業価値を上げる」

現在、複数の事業を走らせる体制を構築しています。シードを超えた事業の事業管理・事業推進・周辺事業の買収によるバリューアップを行います。

こちらの働き方を選ばれる方のメリットは、
①各事業の経営戦略立案及び執行の経験
②サーチファンドによる買収先企業のCEO業務の経験

詳細をお聞きになりたい方は、お問い合わせフォームから受付けております。ご面談希望の日程をお送りください。
採用に関するお問い合わせ

CONTACT

Name
Email address
Title
Message

情報セキュリティ基本方針

第1版
2016年6月15日
ファウンダーズ株式会社
代表取締役 一岡 亮大

当社は、経営理念の実現に向け、お客さまのニーズにあったサービスを安全に提供し、お客さまとの高い信頼関係を確立することに努めている。

当社がサービスを提供するうえで必要な情報資産や、お客さまからお預かりする情報資産を、情報セキュリティ上の様々な脅威から保護することが重要である。

そこで当社は、
「重要な情報資産の機密性、完全性、可用性を維持し、お客様に安心感を与える」
ことをセキュリティ目的とし、その実現に向け、適切な情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)を確立し、これを推進する。

  1. 当社は、情報セキュリティに関するお客様との契約、及び法的または規制要求事項を尊重し遵守する。
  2. 当社は、ISMSの運営のために情報セキュリティ管理者と情報セキュリティ委員会を設置し、必要な組織体制を整備する。
  3. 当社は取り扱うすべての重要な情報資産のリスクを受容可能な水準に保つため、リスクアセスメントに関する体系的な手順と評価基準を定め、リスクアセスメントに基づく適切なリスク対策を講じる。
  4. 当社は、ISMSの維持向上のため全社員に対して定期的に教育を実施する。
  5. 当社は、情報セキュリティ上の事故の防止に努めるとともに、万一、事故が発生した場合には、是正措置を速やかに講じる。
  6. 当社は、ISMSの継続的な改善に努め、情報セキュリティレベルの向上を図る。
以上